歯科コラム

歯の詰め物の素材の種類とその特徴

虫歯ができてしまうと、その部分を削ってそこに詰め物をする治療が行われます。

その時に使用する詰め物ですが、いくつか種類があります。

予算や体の状態などに応じて詰め物の種類を選択できる場合がありますので、

その種類について理解をしておきましょう。

 
初期段階の小さい虫歯ができてしまったときは、

削る量も少なく済むためコンポジットレジンと呼ばれる詰め物が使われます。

コンポジットレジンとは白い樹脂製の材料なのですが、

他の詰め物のように型をとってその人の歯の形に合う物を作る必要がありませんので、

ほぼ一度の来院で虫歯を削って空いたところを補充する治療が完了します。
コンポジットレジンは見た目も白く、

健康な普通の歯と見た目にもほとんど変わりがありませんので、

審美性を求める方にも納得して頂けると詰め物の種類だと思います。
しかも健康保険が適用される治療法ですから、治療費も安く済むので有難いです。

しかしながら耐久性に弱いというデメリットがあるため、

治療を受けてからしばらくたってコンポジットレジンの詰め物が取れてしまうことがありますし、

虫歯の大きさによってはコンポジットレジンの詰め物では適応できないことがあります。

 
虫歯で穴が空いてしまった箇所の詰め物では、インレーという種類の詰め物もあります。

コンポジットレジンにて対応できなかった箇所に関しては、

その人の歯の形にあったインレーを作成してそれを詰めていきます。
インレーで最も一般的なタイプといえば、

金属製のインレーでありいわゆる銀歯と呼ばれるものです。

健康保険が適用されますので、治療費が安いのが特徴です。
また金属であることから強度があるため、

奥歯や力がかかりやすい場所の詰め物として適しています。
ただし銀色で目立つため、見た目が気になる方も多いですし、

金属アレルギーを持っている方は

金属製のインレーによってアレルギー症状を引き起こすことがあります。
また銀色のインレーの場合は歯との間にすきまが生じやすく、

そこから虫歯菌が入り込んで虫歯になりやすいというデメリットも持ち合わせています。

 
健康保険が適用されないインレーにはゴールドタイプと

セラミックタイプの二種類があります。

銀色のインレーと比較して、アレルギー症状が起こりにくいのが特徴です。

しかも強度があるので奥歯の詰め物としても最適ですが、

審美面を考えると目立ちやすいという欠点はあります。

 
審美面を気にされる方におすすめなのがセラミックタイプのインレーです。

普通の健康な歯と見た目はほぼ同じですので、

虫歯を治療したことがわからないほどです。

しかし強度が弱く、割れやすいという欠点はあります。

医院情報

Tel:03-5512-0648

〒105-0004 東京都港区新橋2-4-2 アキヤビル1F

MAP

医院情報

WEB診療予約

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 11:30~15:30
   (15:00最終受付時間)
 16:30~20:00
   (19:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:00
   (12:30最終受付時間)
 14:00~18:00
   (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

※各種保険取扱い