歯科コラム

入れ歯、ブリッジ、インプラントのメリット

虫歯やその他諸事情で歯を失ってしまった場合、

失った部分を補てんするための治療を歯科医院にて受けることになります。

それにはいくつかの選択肢があり、主な方法が入れ歯、ブリッジ、インプラントになります。

 
どの方法を選択するかは、医師の判断や費用や要望に応じて異なりますので、

まずは患者自身がさまざまな治療法や特徴について理解することが、

より良い治療を選択するのに役立ちます。

 

 
入れ歯とは、失った歯の部分に人工の歯を補てんする治療法のことです。

入れ歯を使用するメリットは、費用面と治療期間が短期間で済むことです。
入れ歯を作るときに健康保険が適用されますので、費用負担が少なくて済みます。

他にも短期間で治療できるため、

歯を失ってからそれほど時間をかけずに新しい歯を入れてもらうことが可能になります。

 
ブリッジは欠損した歯の両隣の歯を支えにして人工の歯を入れる方法になります。

これもまた保険が適用される治療法ですから、

費用負担が少なくしかも治療期間も短くて済みますので、

短期間で欠損した歯を補うことができるようになります。

 

 
インプラントという治療法がありますが、

費用負担の面では入れ歯やブリッジと比較して大きくなってしまうのですが、

得られるメリットは多大にあります。

 

 
一つは審美性の高さです。

入れ歯はその歯を支えるための金属が見えてしまうことがあり、

審美性を損ないますが、インプラントの場合見た目はほぼ普通の歯と変わりありません。

 
さらに他の歯に負担をかけずに失った歯を補てんすることが可能になります。

入れ歯の場合は、失われた歯の両隣や歯肉に金属をひっかけて使用するのですが、

それによって支え都なっている歯や歯茎に多大な負担がかかり、

歯や歯茎の寿命を縮めてしまう事にもなりかねません。
またブリッジの場合も、人工歯を支えている歯を削って形を整える必要があります。

健康な歯であっても削る必要がありますし、

またブリッジをつけてから人工歯を支えている歯に大きな負担がかかるのを避けられないのです。
インプランとは周りの歯を傷つけることなく治療ができますので、

他の歯や歯茎の寿命を縮めるようなこともありません。

 

 
咀嚼能力を回復できる点もインプラントのメリットです。

天然の歯とほぼ同じように使うことができるため、

今まで通り咀嚼ができますし、咀嚼力が落ちることもありません。
また噛み合わせも考えて治療してもらえますので、

インプラントを入れたことによってかみ合わせがずれるようなこともありません。

 

 
違和感がないこともインプラントのメリットです。

入れ歯をするとどうしても違和感があるのですが、

インプラントは自分の歯とほぼ同じですからその心配もいりません。

医院情報

Tel:03-5512-0648

〒105-0004 東京都港区新橋2-4-2 アキヤビル1F

MAP

医院情報

WEB診療予約

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 11:30~15:30
   (15:00最終受付時間)
 16:30~20:00
   (19:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:00
   (12:30最終受付時間)
 14:00~18:00
   (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

※各種保険取扱い