歯科コラム

入れ歯、インプラント、ブリッジの治療の流れ

失った歯をそのままにしておくと、かみ合わせにずれが生じたり、

残されている歯や歯茎の負担が大きくなってしまうため、

それを補てんする治療を歯科医院にて受ける必要が出てきます。

 
歯を補てんする方法としては、入れ歯、ブリッジ、インプラントが主な方法になります。

それぞれの治療の流れと特徴、メリットについて紹介していきます。

 

 
入れ歯治療は比較的短期間で治療が終了する方法ですが、

失われた歯が比較的広範囲にわたってしまう場合は

入れ歯治療をおすすめするケースが多く見られます。

高齢になってくると加齢などが原因で歯を失う方が増えてくるため、

総入れ歯にされている方も少なくありません。
歯や歯茎の形は人それぞれ異なりますので、

その人にあった形の入れ歯を作ることが重要になってきます。

入れ歯を作るときは歯や歯茎の型を取ってからかみ合わせなどを考量しながら、

微調整を繰り返しその人にあった入れ歯を作成していきます。
入れ歯を入れた後も多少のずれやゆがみが生じることもありますので、

定期的なメンテナンスは欠かせないのです。

 
ブリッジは英語で橋という意味を持っていますが、

抜けてしまった歯の隣の歯にブリッジをかけて人工の歯を支える治療法になります。

 
ブリッジ治療の流れは最初に患者さんの歯の型をとって、ブリッジ治療の設計を行います。

ただし抜歯をして歯が無くなってしまった場合はまだ抜けた部分の歯肉が腫れており、

すぐに型をとってブリッジを作るわけにはいきませんので、

歯肉の回復を見ながら治療をすすめていく必要があります。
取った患者さんの歯の型をもとにして、

ブリッジを作成するのですがその間歯が欠損した状態が続くと不便ですし、

かみ合わせがずれてしまいますので仮歯を入れてもらえます。
その後人工の歯を入れる両隣の歯を削って形を整えて

ブリッジと人工の歯が入りやすくするための処置を行います。

そしてブリッジが完成してから、歯を入れていきます。

 

 
インプラント治療は入れ歯やブリッジと比べても治療期間が大きく長引いてしまいます。

まず治療を受ける前に治療に必要な検査を受けて、

治療が可能かどうかを歯科医師に判断してもらいます。
治療が可能と判断されたら治療計画が作成されて、

それにしたがって治療がすすめられていきます。

 

 
最初に行われるのがインプラントを骨に埋め込む手術です。

その後インプラントが骨に定着するまで半年ほど期間を置きます。

その間は欠損している歯の部分に仮の歯を入れてもらえますので普段と変わらなく生活が送れます。

その後インプラントと人工の歯を装着するための手術が行われます。

医院情報

Tel:03-5512-0648

〒105-0004 東京都港区新橋2-4-2 アキヤビル1F

MAP

医院情報

WEB診療予約

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 11:30~15:30
   (15:00最終受付時間)
 16:30~20:00
   (19:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:00
   (12:30最終受付時間)
 14:00~18:00
   (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

※各種保険取扱い