歯科コラム

インプラント治療の流れについて

虫歯や歯周病などが原因で歯を失ってしまったときは、

失われた部分の歯を埋める治療を受けることになります。

その治療法として注目度が高いのがインプラント治療です。

 

 
従来の主な治療法であった入れ歯や差し歯、

ブリッジ治療のデメリットを解消した治療法だからです。

今後歯を欠損してしまった時の治療法の選択肢として、インプラントをすすめられることがあるでしょう。
インプラント治療について理解を深めておくと、

歯を実際に失ったときの治療法を決める時の参考になります。

 

 
インプラント治療の流れを簡単に説明すると、

最初のステップは検査と治療計画を立てることにあります。
インプラント治療は入れ歯やブリッジと比べて治療に長期間を要しますので、

最初にしっかりと検査をして、治療計画を立てておくのです。

 

 
検査にて調べることは、欠損している歯の本数、

歯茎や骨の状態、などを見てどの治療法を選択するのかを決めていきます。

口の中の状態を正確に把握するために、歯科医師が口の中を実際に診るだけでなく、

レントゲンやCTなどを用いてあらゆる方面から詳しく口の中の状態を調べていきます。
検査の結果治療法が決まったら、実際の治療に入ってきます。

治療の第一段階として行われるのが、インプラントという金具を埋め込む手術です。
これが義理の歯を支える土台となる大切な部分となりますので、

歯を切開して顎の骨を削ってインプラントが歯の骨と歯肉と結合できるようしっかりと埋め込みます。

 

 
骨とインプラントが結合するのにだいたい3から6ヶ月の期間を要しますので、

その間は仮の歯が取り付けられます。

インプラントと骨が結合できたことが確認されたら、

今度は人工の歯とインプラントを結合させるアパットメントと呼ばれる金属を装着する手術を行います。
手術の後はまだ歯茎が腫れていますので、

それがある程度落ち着くまで1週間から6週間そのままにしておきます。

 

 
歯茎の状態が落ち着いてきてから人工の歯を製作して取り付ける治療に入っていきます。

歯茎の健康状態が改善してから、型をとって合う歯を作っていきます。
歯の色や形はそれぞれ人によって異なりますので、

できる限りその患者さんの歯の状態に近づけるように義歯を作成していきます。

この義歯に関してですが、素材にもいろいろな選択肢がありますので、

予算や機能を考慮して歯科医師と相談しながら決めていきましょう。

 

 
義歯が出来上がって、装着が済むとインプラントの治療が一段落します。

その後も快適にインプラントを使用し続けるためにも、

定期的に歯科医院を受診するようにしましょう。

医院情報

Tel:03-5512-0648

〒105-0004 東京都港区新橋2-4-2 アキヤビル1F

MAP

医院情報

WEB診療予約

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 11:30~15:30
   (15:00最終受付時間)
 16:30~20:00
   (19:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:00
   (12:30最終受付時間)
 14:00~18:00
   (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

※各種保険取扱い