歯科コラム

歯の病気を防ぐための歯のケアと食事

虫歯や歯茎が病気になって初めて、

歯や歯茎の健康の大切さを実感するのではないでしょうか。

できる限り歯科医院の治療を受けずに歯や歯茎の健康を保つためには、

日ごろのケアが重要な意味を持ってきます。

 

 
歯と歯茎の健康を守るために最も重要なのが歯磨きです。

虫歯や歯茎の病気の原因となるのが、食べかすなどに含まれているプラークです。

これが長く口の中に留まっていると、歯や歯茎の健康を脅かすのです。

 
歯磨きを毎食後に行っていると言う方でも

虫歯や歯茎の病気になってしまう方がいらっしゃいます。

それはきちんと汚れが取れていないことが考えられます。
まずしっかりと歯磨きをしているつもりでも、磨き残しが起こりやすいのが歯と歯の間です。

これはデンタルフロスなどを用いてしっかりと汚れを落とすように努めましょう。

 

 
そして毎食後に歯磨きを実践している方は、

夜寝る前の歯磨きに最も力を入れるようにしてください。

それは寝ている間は殺菌効果の高い唾液の分泌量が大幅に減ってしまうこと、

また虫歯菌の活動も最も活発になる時間帯だからです。

 

 
使用している歯磨き粉ですが、フッ素入りの物を使用することをおすすめします。

歯磨き粉にもいろいろな種類があるのですが、

フッ素は歯の再石灰化を進めてくれますので初期段階のごく小さい虫歯でなら、

フッ素で治療することが可能になります。

歯磨き粉を付ける量なのですが、多すぎも少なすぎもよくありません。

多すぎてしまうと歯磨き粉だけで口の中がさっぱりしてしまうため、

十分磨いていない段階で歯磨きを辞めてしまうからです。

また量が少なすぎると歯磨き粉の効果を十分得ることができませんので、

歯磨き粉のパッケージに書かれている適量を使用するように努めましょう。

 
さらに効果的なのは、フッ素うがいを寝る前に行うことです。

フッ素は歯科医院でも塗布してもらうことができるのですが、

自宅でフッ素うがいができる洗口液が歯科医院にて販売されています。

虫歯になりやすい方はそれらを週に数回だけでも利用するだけで、歯が丈夫になっていきます。
歯を清潔にするだけでなく食事のとり方にも注意をしましょう。

間食の回数が多く、食べ物が口に入っている時間が長くなると、

虫歯菌の働きが活発になってしまいます。

できるだけ食べる時間を決めて、それ以外の時間は間食を控えるように気を付けましょう。

 
また糖分の入っているお菓子やジュースを頻繁に口にする方は、

虫歯リスクが高くなってしまうので注意が必要です。

歯を強くするためにおやつにキシリトールガムをかむのもおすすめです。

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 12:30~16:30/17:30~21:00
  (20:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:30/14:30~18:00
  (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 歯周病
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 根管治療

※各種保険取扱い