歯科コラム

口腔外科で受けられる主な治療

歯科医院と一口にいっても

いろいろな診療科の看板を掲げている歯科医院が少なくありません。

大人の歯や歯茎の治療を専門にした一般歯科、

お子さんの歯と歯茎の治療を専門にしている小児歯科、

歯の矯正を行う矯正歯科、歯の見た目を向上させる審美歯科など、

診療科目を一つに限定せずに複数の診療科を診ている歯科医院が少なくありません。
その中でも口腔外科の診療科を行っている歯科医院もありますが、

それは一体どのような治療を行っている診療科なのでしょうか。

口腔外科では主に顎や歯の外科的処置を施してくれる診療科のことです。

 
例えば親不知の治療も口腔外科にて治療できます。

一般的な生え方をしている親不知であれば一般歯科にて抜いてもらうことができるのですが、

埋伏歯と呼ばれるタイプの親不知が埋まっているような状態では、

普通に抜歯することが難しくなります。
そこで少し歯肉を切開して親不知を抜歯する処置が必要になります。

また乳歯が抜けた後に永久歯がなかなか生えてこない場合も、

埋伏歯になっている可能性が高いと考えられます。

その際も外科的な処置を施して治療を行います。
もともと生えてくる歯があるのにもかかわらず、

歯が表に出ないで埋まっていると次第に歯茎が赤く炎症を起こして腫れてきます。

その影響で歯並びが乱れてしまう、隣の歯に悪影響が出てしまうことがあるため、

早いうちに適切な処置を受けた方がいいのです。
顎に関するトラブルも口腔外科にて治療してもらえます。

口を開けようと思って大きく開かない、

顎を動かした時に異音がする場合は顎関節症の疑いがあります。
顎関節症は一般歯科でも治療が受けられるのですが、

他の関節や筋肉の病気と同じように外科的な疾患であることから、

口腔外科にて治療を受けたほうがいいのです。

 
また歯や歯茎の腫れが起こってしまったとき、

頬の粘膜が赤くただれる、小さい潰瘍がみつかったとき、

なども口腔外科にて治療が受けられます。

 
またお子さんによくありがちなのが、転倒してしまって口の中を切った、

転倒の衝撃で歯をぶつけてしまって歯が抜けてしまった、ぐらぐらするケースです。

このような場合も早急に口腔外科に連れて行くようにしましょう。

 
他にも舌の動きに違和感があるなどの症状も口腔外科にてみてもらえます。

歯を欠損してしまったときに入れ歯治療を受ける方もいらっしゃいますが、

骨などのでっぱりが邪魔してしまって、入れ歯を入れるのに支障が出てくる事があります。

その場合も口腔外科にて治療を受けてでっぱりを解消して、

入れ歯が入りやすいように口の中を整えてもらえます。

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 12:30~16:30/17:30~21:00
  (20:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:30/14:30~18:00
  (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 歯周病
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 根管治療

※各種保険取扱い