歯科コラム

歯科医院と自宅で行える口臭対策

人の口臭は気になりますが、自分の口臭には気が付きにくいのです。

少し離れた場所でもその臭いがわかるほど口臭がきつい人でも、

自分自身はそれに気が付いていなかったりします。
それは人間の嗅覚には順応反応があるからです。

本来一番身近にある自分の嗅覚で臭いがキャッチできないのは、

その臭いに嗅覚が慣れてしまって臭いと感じないからです。

口臭は誰にでも起こり得ることですし、口臭があると周りに不快な思いをさせてしまいます。

 
日ごろから、自宅や歯科医院で口臭ケアを行うことが、臭いを発生させないために必要になります。

 

 
歯科医院でも口臭の治療や相談に乗ってくれます。

口臭が発生する原因はさまざまですから、患者さんのお口の状態を歯科医師が診て、

また患者さんの生活習慣を伺って口臭発生の原因を分析してくれるのです。
歯科医院でも口臭対策は行えますが、

胃腸などの内臓からくる臭いが原因で口臭が発生している場合は、

専門医を受診するようにすすめられます。

 

 
口臭対策としてはまずは臭いの発生原因を突き止めることが大切ですから、

歯科医院を受診してそれが口の中からくる口臭なのか、

それとも胃腸からくる口臭なのかを判断してもらいましょう。

 

 
口の中が原因で起こる口臭は、歯や歯茎の病気が原因で起こることがほとんどです。

臭いの原因として考えられる虫歯や歯周病が歯科医院にて見つかれば、その治療を行います。

 
歯周病が原因で口臭が発生する場合は、

治療と合わせて生活習慣の改善やブラッシングの指導も行われます。
口臭対策として歯科医院だけでなく自宅でできるケアもあります。

最も重要なのが口の中を清潔に保つ歯磨きです。

磨き残しがあるとそこから雑菌が繁殖して嫌な臭いの発生原因になり得ます。
それなのでまずは磨き残しがないように、

しっかりと歯を磨くテクニックを身に付けましょう。

歯科医院にてブラッシング指導を受けられると思いますので、

口臭が気になる方は一度しっかりと指導を受けることをおすすめします。
また歯と歯の間に挟まっている汚れは、

歯磨きでは落としにくいのでデンタルフロスや糸ようじなどを使ってきれいにしましょう。

毎食後にフロスをする時間的余裕もないと思いますので、

最もバイ菌が繁殖しやすい夜だけでも行うようにしましょう。

 
口の中の雑菌を減らす方法として、洗口液を併用するのも手段の一つです。

洗口液には殺菌力が高いタイプがあり、虫歯や口臭の原因となる菌を洗い流してくれます。
唾液には殺菌力があるのですがその分泌量が減少すると、雑菌が繁殖しやすくなります。

唾液の量を増やすためにガムやスルメといった食品を食べるのもおすすめです。

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 12:30~16:30/17:30~21:00
  (20:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:30/14:30~18:00
  (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 歯周病
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 根管治療

※各種保険取扱い