根の治療

再治療せずに美しいままでいたい方へ

一般的な歯科医院で神経まで治療した歯は、数年後にはダメになってしまうケースが多々あります。その理由は神経を取り除いてできた空洞が隙間なく埋められておらず、完璧に菌が入らないようにできていないためです。きちんとクリーニングされ、また空洞も埋まり切っていないと数年後治療したはずの歯の奥がズキズキうずくといった、違和感が出てきてしまいます。

最初の治療が肝心です

虫歯にかかり神経治療が必要になった時、最初に行う根の治療(根管治療)がその歯の寿命を大きく左右するのをご存じですか? 治療後ダメになってしまう可能性が高い歯に高価な被せ物をしてもすぐに外さないといけなくなることも……。そうなっては本末転倒、せっかく払った治療費も無駄になってしまいます。

多くの方は、被せ物の美しさばかりを気にされます。もちろん当院でも非常に美しい被せ物を作製しますが、大切なのは「その歯が被せ物を装着するのに適した治療をきちんと受けているかどうか」なのです。

スピーディーに美しく治療する

よく「根の治療で歯科医院に何ヶ月も通った」と聞きますが、当院ではそのような無駄のことは行いません。実際、学術的にも治療回数を増やして改善したという報告はないですし、 歯の内部をキレイにしたら外部からの細菌侵入を防ぐために早期に埋めてあげなければいけません。

当院では他ではできない治療が可能

隙間をしっかり埋める

ある時、他の医院で根の治療を行った患者様が「痛みを感じる」と来院されました。診察すると、治療を受けた部分は、歯の先端まで白い充填物が入っておらず隙間だらけで、先端に膿が溜まっていたのです。そこで当院は根の先端まで隙間なく白い充填物を入れて痛みを消失させました。

ここで可能であれば、歯を長期使用するためにしっかりした被せ物をします。被せ物は充填物同様、その歯の予後を左右する大事な要因です。

術前(左図)は歯の先端まで白い充填物が入っておらず隙間が多い。その為、痛みもあり根の先端に膿がたまっています。
術後(右図)は根の先端まで白い充填物が入っており、隙間がない。痛みは消失しました。

術前画像

他の歯科医院での根の治療

術後画像

当院でやりなおした治療

条件が合えば歯を保存することが可能です

顕微鏡は30倍の拡大下で治療を出来ることもそうですが目線と光軸がほぼ同軸なため細かい根の先端まで光が届き見ることができます。それによりその歯を細部まで確認できるためしっかりした診断が可能になります。 よくある虫歯のチェック等で用いるペン型のモニターとは違います。モニターは写真なので、確認をしてもらうこと以外、治療上何の向上もありません。 当院では、歯の内部に穴があいて通常必ず抜歯をしなくてはならない場合でも条件がそろえば特別な材料を用いてその歯を保存することが可能です。

肉眼の約10倍拡大図下での治療図

肉眼の約20倍拡大図下での治療図

肉眼の約30倍拡大図下での治療図

※真ん中の茶色の丸が穴になります。肉眼の30倍の顕微鏡を見ながら治療しています。

空洞に挟まったハリを除去する

根の治療はハリを使用するため、ハリが折れて空洞の中に挟まってしまうケースがあります。これは治療の特性上、どうしても起こりうることなのですが、隙間を埋めることができずに空洞があると、しっかり洗浄されていないため、そこが痛み始めたらどうすることもできません。しかし、当院ではその根の中の細かい空洞に挟まったハリを除去し、治療することが可能です。

ある患者様が半年以上ジンジンする痛みに悩まされていくつかの医院に行かれたそうですが、完璧に治せる医院はなく諦めかけていたそうです。しかし、当院にお越しいただいてハリを除去し治療を行ったところ、3回の通院のみで痛みを完全になくすことができました。

これは過去に他の医院で折れたハリ()が入っているレントゲンです。

そのハリを除去し、徹底的に洗浄したレントゲンです。

空洞を根の先までしっかり埋めたレントゲンです。

確かな成果を求めるなら新橋虎ノ門デンタルクリニックへ

再治療せずに美しいままでいられる根管治療を実現するには、知識・経験・道具すべてが揃っている必要があります。歯科医院であれば、どこでもできるわけではありません。歯の根の治療は一度の治療にしっかり時間をかけて初めて成果の出る、極めて繊細な治療なのです。ぜひこの機会に、最新の根管治療を受けていただくことをお勧めします。確かな成果を残す根管治療なら当院にお任せください。当院では患者様に治療前にしっかりご説明させていただいてから治療を開始いたします。

本当に必要な神経治療を

歯の表面には歯根膜という繊維があり、それが食感を伝えたり過剰な咬合力を抑制したりする働きをしています。ですから、できる限りご自分の歯の根を使用して生活していくことが機能的にも、精神的にもいいのです。

再治療は時間や費用が無駄になってしまうことはもちろん、治療の難度も上がってしまいます。また、根管治療は歯の内部の治療であり、一般の皆様には治療費がなかなかイメージしづらいと思います。ですから、当院では下記のような分かりやすい価格設定にいたしました。なお、治療に入る前には治療内容、保険治療との違いなどをすべてご説明、開示しています。

ぜひこの機会に、再治療せずに美しいまま歯を保つために必要な神経治療を受診していただくことをお勧めします。当院では最初の治療が大切なことを皆様にご理解いただくために、根の治療(保険外治療)を低価格でご提供しています。お気軽にお越しください。

自費の根管治療 料金表

自費の根管治療は、1回の治療につき別途18,000円(税抜き)の費用をいただいております。

※全て、税抜き表示です。

抜髄の場合
前歯 ¥150,000
小臼歯 ¥180,000
大臼歯 ¥200,000
感染根管治療の場合
前歯 ¥180,000
小臼歯 ¥210,000
大臼歯 ¥250,000

院長紹介

東京医科歯科大学で歯随生物学講座を学び、この分野において歯科医師の方を対象にプレゼンテーションや講演を行ってまいりました。さらに、医局に所属し最新知識を継続して得るための体制を整えております。また、顕微鏡治療、顕微鏡外科治療専門医としての経験もありますので、「歯がズキズキする」「食べ物を噛むと痛む」「歯茎に違和感がある」といったお悩みをお持ちの方は、お気軽にご相談ください。

略歴

  • 東京医科歯科大学 歯随生物学講座
  • 明海大学PDI埼玉歯科診療所
  • 複数の都内歯科医院にて勤務

スタディーグループ

  • Periosthetics
  • Infinity Study Club

所属学会

  • 日本歯周病学会
  • 日本歯周外科学会
  • 日本口腔インプラント学会
  • 日本歯内療法学会
  • 日本顕微鏡学会

資格、講演等

  • University of East(The East大学)客員講師(インプラント)
  • Astra Tech インプラント認定医
  • Screw-vent インプラント認定医
  • 都内某歯科医院にて顕微鏡治療、顕微鏡外科治療専門医として勤務(根、神経の治療)
  • -Consideration of Selecting Implant Type-influence of Marginal Bone Loss-2007を講演。 (海外インプラント学会にて) (ハーバード Dental Center Japan)
  • -Implant Selection-2007を講演。(海外歯科大学にて) (ハーバード Dental Center Japan)
  • 他プレゼンテーション、講演多数

診療カレンダー

診療カレンダー当月

診療カレンダー翌月

※赤字は休診日です。
※青字は矯正日です。
・平日
 12:30~16:30/17:30~21:00
  (20:30最終受付時間)
・土曜
  9:30~13:30/14:30~18:00
  (17:30最終受付時間)

アクセスマップ

港区新橋2-4-2 1F

アクセスマップ

診療内容

  • 一般歯科
  • 口腔外科
  • 矯正歯科
  • 歯周病
  • 審美歯科
  • インプラント
  • 根管治療

※各種保険取扱い